読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FIFA17 キャリアモードブログ

「もし自分か監督だったら」とゆうお話です

17-18 夏の移籍市場

f:id:Kopite:20170306071926j:image

 

自身で操作するのは初の夏の移籍市場、昨年の課題を改善、他チームからの引き抜きを考慮し満足の行くチーム作りをし開幕を迎えたいです。

 

 

 

昨シーズンの課題

 

① 絶対的 エースの不在

デフォーが11Gをあげるもリーグ戦に至っては9Gと満足の出来ない結果。昨年のPLでの総得点順位は5位と上出来な結果だが選手1人の得点数が二桁に行った選手はいない、今年から欧州の舞台に参戦するため結果を残せるストライカーの獲得は急務。

今シーズンは昨年のように複数人で点をとりつつエースがしっかりと15〜20Gと結果を残せれば自ずと順位も上がってくるはず。

 

② 全体的な層の薄さ

昨年は国内だけの戦いだったがやはりプレミアは過密日程… 疲れた選手が増え、チームのクオリティが下がり負ける試合もあったため今年はしっかりとターンオーバーが出来るように各ポジションに最低2人以上を置きたい。

 

③ 攻撃のバリエーションの少なさ

チームのスタイルは「ボールを保持しながら崩して決める、相手ボールの時は奪ってショートカウンター」だが実際昨シーズンのほとんどはカウンター攻撃からの得点。マイボールの時に崩し得点はほとんど見られなかった。今年は短いパスだけではなく長いパスも交えたり、遠目からガンガン狙っていける選手が必要。

 

 

 

選手の引き抜き噂…

 

1. Wahbi Khazri  LM  26歳  f:id:Kopite:20170313000144j:image去年の活躍もあり国内外からオファーが殺到。抜群の攻撃センスに強烈なシュートを兼ね備えた攻撃的MF、移籍金は推定2000万£。選手自身は今年の残留に前向きだがチェルシーから3200万£のオファー、まだ何が起こるかわからない状況…選手との契約は2020年までだがクラブは1年の契約延長とサラリーアップを検討中

 

2. Fabio Borini  RM  26歳  f:id:Kopite:20170313000218j:image昨年はデフォーの次に得点を上げた選手。2列目どこでもプレーができFWとしても高い能力を発揮する、移籍金は推定800万£。選手自身は母国復帰も視野にいれている模様、ミランやラッツィオを始めイタリア複数クラブが興味。選手との契約期間は2019年まで、今が売り時なのかもしれません…

 

3. Dominic Iorfa  RB  22歳f:id:Kopite:20170313000309j:image昨年の冬の移籍市場で獲得したイングランド期待の長身DF、シアーズ監督のもと着々と成長しているイォルファ。彼の引き抜きは大抵ありえないがバイエルンから高額オファー。すでにビッククラブ注目されはじめる。冬に5年契約にサインしたばかり、移籍の可能性は低い。

 

4. Jordan Pickford  GK  23歳f:id:Kopite:20170313000359j:image昨年の最優秀GK、勿論ビッククラブは黙っていない。すでにアーセナルやスパーズ、ドイツ複数クラブからオファーが… サンダーランドとの契約延長が難航している今、夏に他チームに行かないかといわれればまだ断言できない状況。残り契約は2020年まで。

 

 

補強ポイント

 

① 欧州経験豊富なFW

② サイドアタッカーの獲得

③ 3列目のパサーの獲得&層上げ

④ 最終ラインの層の強化

⑤ 主力引き抜きの後釜 

 

  

 

① 欧州経験豊富なFW

今シーズンは欧州での戦いがあるのも踏まえ1人でも状況を打開できるストライカーの獲得は必須。プレミアでの経験もありCL出場経験もあるFWをピックアップしました。

 

1. Falcao  ST  31歳   OVR 81f:id:Kopite:20170308121231j:image過去にユナイテッド、チェルシーに在籍、プレミアでは活躍できなかったもののポルトガル、スペイン、フランスで活躍し、ELでは2度の得点王とヨーロッパでの実績も申し分ない。サンダーランドの絶対的エースとして期待。しかしこの夏に新契約にサインし契約解除金は2250万£と高額、層の強化をしたいですし少し高すぎます…

 

2. Mario Balotelli  ST  26歳  OVR 80f:id:Kopite:20170308121812j:imageインテル時代は3度のスクデットとCL制覇、マンC時代も活躍し優勝に貢献。EURO2012では得点王とこちらもヨーロッパでの実績も十分、しかし遡行面での問題があり数々の名将でも手に負えない悪童。去年リバプールからニースへフリーで移籍、ニースではピッチ内外の問題が減りエースとしてチームを牽引。やっと大人になり落ち着いてきたバロテッリ。個人的には好きな選手だがフロントはあまり協力的ではない…

 

3. Edin Džeko  ST  31歳  OVR 80f:id:Kopite:20170309102844j:image上記の2人を逃した時の為にリストアップ。ドイツでは年間最優秀選手と得点王の経験、シティではリーグ、FA杯、リーク杯、コミュニティシーシールドを制しており経験豊富な長身アタッカー。優先度は低いものの申し分ない経験と能力だ。 

 

 

 

② サイドアタッカーの獲得

昨シーズン獲得したベイリーはいるものカズリはCAM起用のため後はパッとせず…1人は主力級の獲得と余裕があれば将来への投資もしたい。

 

1. Adnan Januzaj  LM  22歳  OVR 79f:id:Kopite:20170308123307j:image昨シーズン期待されレンタルで加入、しかし前半戦は期待はずれ、スタメンも外れベンチを温めていたが、後半戦終盤からは人が変わったかのように絶好調なプレーを披露し6試合で3G4Aと大活躍。リスクもなく価格もお手頃な選手だが給料面が少し厳しい。

 

2. Dzsudzsák Balázs  LM  30歳  OVR 78f:id:Kopite:20170309102759j:imagePSVで活躍したハンガリー代表のキャプテン。ロシアリーグを経て今はUAEリーグに在籍中のはずだがなぜかポーランドリーグに笑。彼の魅力は左足から繰り出される芸術的FK。両足を器用に使いこなせクロスの精度や強烈なシュートを持っているサイドアタッカー、移籍金も650万£ほどとコスパの良い選手です。

 

3. Serge Gnabry  RM  21歳  OVR 74f:id:Kopite:20170309102810j:image16歳の時にアーセナルの下部組織に10万€で引き抜かれた期待の選手。あのエジルが認めた選手でしたがアーセナルでは出場機会をなくしブレーメンに移籍。昨年ブレーメンで活躍するもチームは残留争い、そこにサンダーランドが目をつけ交渉中との噂。

 

4. Jordon Ibe  LW  21歳  OVR 71f:id:Kopite:20170306075932j:imageリバプール時代にはスターリングと共に期待されていた若手。ドリブルが上手く両サイドプレー可能と器用な将来期待の選手。リバプールから1500万£を支払い獲得したボーンマス、中々手放したくはない選手なため交渉は難航しそうだ…

 

5. Kekuta Manneh  LM  22歳  OVR 71f:id:Kopite:20170314021407j:imageMLSリーグのホワイトキャップスに所属のケクタ・マネ。16歳の時にアメリカに渡り、圧倒的なスピードでブレイク、まだまだ伸び代がありリバプールのマネの様な選手になってほしいです、移籍金も安いため獲得は現実的。

 

 

 

3列目のパサーの獲得&層上げ

守備的のMFにはエンドグ、マクネアなど若手が充実してるもパサータイプがいないため試合数が多い今シーズンを考え1人は欲しいところ。

 

1. Fabian Delph CM  27歳  OVR 78f:id:Kopite:20170314022324j:image近年は怪我続きで思う様な結果を出せず。去年はギュンドアンの加入もあり出場機会は得られず移籍の噂が…シティ時代のロドウェルと似た状況のデルフにシアーズ監督が中盤の層を上げるため獲得を検討している。移籍金800万£と安いもののサラリーが高め。

 

2. Mehmet Ekici  CAM  27歳  OVR78f:id:Kopite:20170306081524j:imageバイエルンのユース育ちのトルコ人MF、この選手はCAM/CM/CDMと使い勝手が良くプレースキックの精度も抜群、ロングシュートも得意で両足から繰り出されるパスも精密。移籍金750万£と金額以上の活躍はしてくれそうな選手です。

 

3. Will Hughes  CM  21歳  OVR 76f:id:Kopite:20170404230320j:imageダービーカウンティのヒューズ。今年もプレミアに上がれなかったダービー、ヒューズもそろそろキャリアのことを考えプレミアでのプレーを希望している。シアーズはヒューズを高く評価しておりすでに交渉を始めているとの噂。サンダーランドを初め、ユナイテッド、リバプール、セインツが獲得に興味。

 

4. Ruben Lofutus - Cheek CAM  21歳f:id:Kopite:20170309102823j:imageモウリーニョに気に入られ15-16シーズンは出場機会があったもののコンテに変わった去年は出場機会がえられずチェルシーを出るのではないかと噂が、彼ももう21歳といつまでも期待の若手ではいられない。新天地をさがしているロスタフチークはイングランド代表監督の元でのプレーを望んでいるとのこと。191cmの長身と裏腹に柔らかいボールタッチをする選手、CMでのプレーも可能、相思相愛の交渉は上手くまとまるのか?

 

5. Gedion Zelalem  CM  20歳 OVR 70f:id:Kopite:20170306083427j:imageアーセナルの下部組織出身のアメリカ人MF、ヴェンゲル監督は契約延長を希望しているも選手が出場機会を求め移籍を希望。サンダーランド所属の同じアメリカ人MFのグーチが昨シーズン急成長し活躍、ゼラレムもサンダーランド移籍に前向きとの情報も。

 

 

 

最終ラインの層の強化

昨シーズン安定していたキルヒホフと裏腹に軽率なプレーが目立ったジロポジ、今シーズンはコアテスが復帰したものの移籍希望のコネが抜けるため1人はとっておきたい。 

 

1. Steven Caulker  CB  25歳   OVR 78f:id:Kopite:20170306084401j:imageスパーズの下部組織出身でイングランドの将来を期待されていた選手。カーディフ、QPRに在籍しセインツやレッズにローンで歩き渡くも、なかなか才能開花までには至っていたない。彼自身はトップリーグでのプレーを希望。まだ大化けもありえる選手なので獲得を検討中。

 

2. Michael Keane  CB  23歳  OVR 76f:id:Kopite:20170314083436j:image

ユナイテッド下部組織出身、ユナイテッド在籍時はほとんどローンでプレミア数クラブを転々としていた、バーンリーへ完全移籍後は素晴らしい守備を見せており、今年から2部での戦いになるチームにはもったいない選手。人気が高く国内外からオファーが殺到、争奪戦になりそうです。

 

2. Reece Oxford  CB  18歳  OVR 69f:id:Kopite:20170314083121j:image16歳と237日でトップチームデビューを果たした神童、ユナイテッド、チェルシーのビックチームが獲得を試みるなどファーデナンドの再来として大注目されている選手。獲得を試みたいものの獲得は難関…

 

3. Axle Tuanzebe CB  19歳  OVR 69f:id:Kopite:20170306090330j:imageU-18ユナイテッドのキャプテンとして年間最優秀選手に選ばれたユナイテッドの注目若手、しかし近年のユナイテッドの選手の獲得ラッシュにより出場機会を求め移籍の噂が…レンタル移籍を前提に交渉していきます。

 

 

 

 

⑤ 主力引き抜きの後釜

まんがいちカズリやピックフォードなどの主力選手が引き抜かれた時のことを考え数選手をピックアップ

 

1. Gylfi Sigurðsson   CAM  27歳  OVR 82f:id:Kopite:20170404230342j:imageプレミア好きなら知らない人はいないんではないでしょうか、スワンズシグルズソンです。カズリが引き抜かれた際には彼を本気で取りに行きます。ゲームメイク力、FK精度、ロングシュート、カズリが抜けた穴は完全に塞がるのではないかなと思います。スワンズも今年はチャンピオンシップでの戦い…プレミアでみたい選手ですし獲得も現実的です。

 

2. Rémy Cabella  CAM  27歳  OVR 80f:id:Kopite:20170404230357j:image過去に2シーズンニューキャッスルでプレーしていたフランス人MF。なかなかインパクトを残せないままプレミアから姿を消した、シアーズ監督はリーグ1に戻ってからのプレーに強く関心を示しておりカズリが引き抜かれた際にはカベラを狙いに行くのではないかと噂されています。しかし元ニューキャッスルの選手なこともあり現実味はないのかもしれません…

 

3. Luis Alberto  CAM  23歳  OVR 78f:id:Kopite:20170404230404j:image今までバルセロナユース出身だと思っていましたがセビージャユース出身でした。リバプールに来た時はルイス・ガルシアみたいになってほしいと思いましたが結局出場機会もなくローン移籍、昨シーズンはラツィオに完全移籍しました。能力的にはカズリに及びませんが将来的に考えるとグーチとのスタメン争いで互いに成長できますし悪くないと思います。持ってるポテンシャルは素晴らしい選手です。

 

4. Joe Hart  GK   29歳  OVR 82f:id:Kopite:20170404230413j:imageペップが就任し足元の技術の無さから戦力外扱いとなりトリノへローン。ローン終了で一旦、シティに戻るも出て行くことがかなり濃厚。ピックフォードの去就しだいでは、獲得レースに参加することになるかもしれません。能力、実績ともにワールドクラスのハート、ピックフォードの後釜には十分すぎる選手です。

 

5. Fraser Foster  GK  29歳  OVR 78f:id:Kopite:20170404230420j:imageセインツの守護神として昨シーズンはプレミアリーグ全試合に出場。201cmの長身と半端ない反射神経でゴールを守りなかなか厄介な相手です。ピックフォードが抜けることになればイングランド代表のハートかフォスターの獲得を検討中。

 

 

以上。上で紹介した選手を筆頭に交渉していきたいと思います。

 

では!