読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FIFA17 キャリアモードブログ

「もし自分か監督だったら」とゆうお話です

Premier League 開幕戦

f:id:Kopite:20161029183330j:image

 vs Manchester City (A)

シアーズ監督の公式戦初試合。

相手はペップ・グアルディオラが就任し、さらに強さを増している今シーズンの優勝候補だ。

アウェイで格上との対戦になるが公式戦初勝利を飾りたいところだ。

 

 

スターティングメンバー

f:id:Kopite:20161029190740j:image

ベンチメンバー

f:id:Kopite:20161029193402j:image

今シーズンは4-2-3-1のフォーメーションをベースに挑みたいとおもってます。

このメンバーが今の所ベストメンバーです。

CAMのカズリにボールを集めLMのヤヌザイやRMのボリーニやSTデフォーに散らす感じてす。

基本は前線からハイプレスをかけてボールを奪取して回しながら展開していく戦術です。

 

 

前半開始

序盤からサネやスターリングのドリブル突破から何度かチャンスを作られる。しかしジロポジとキルヒホフのCBが難なく処理、そこからのカウンターで何度かチャンスを作るも決めきれず。

ロドウェルが守備に貢献しており守備的MFの仕事を完璧にこなしていた。

前線からのプレスもデフォー、カズリが積極的に仕掛けていたしサイドのヤヌザイボリーニもボールを持つとチャンスを沢山演出していた。

互いにチャンスはあるものの決めきれず。

 

 

前半終了。

 

 

事実、前半はシュート本数、支配率とゲームを通してサンダーランドの方が上回っていることから前半の前線の動きはとても効果的であった。

 

 

後半開始 

チャンピオンズリーグプレーオフのこともあり主力メンバーを落としていたのかアグエロ、シルバ、デブライネを後半に投入。

 

流石のこの3人。シティの攻撃がグッとあがり押し込まれる時間帯が増える。

 

しかし途中交代で入ったラーションのロブパスにストーンズオタメンディがお見合いしているなか前半からハイプレスをかけていたデフォーにボールを奪われ冷静に左隅に沈め0-1とする。

 

このまま逃げ切れるかと思ったがペップは3バックにし前線に人数をかけてくる。

 

アグエロペナルティーエリア内で持たれ簡単に前を向かれシュートを打たれるがピックフォードがビッグセーブ。

 

お、このまま勝ち点3か!とおもっていた矢先

シルバがスルっと抜け出しミドルシュート

ピックフォードも飛び込むが触れず土壇場で同点弾を決められる…

 

その後、勢いに乗ってくるシティをなんとか抑える。

 

このまま試合は終了。

 

 

f:id:Kopite:20161029191359j:image

 

 メンバーを落としていたとは言えシティ相手にアウェイでの引き分けは大きい。

あの3人が前半からいたらと考えるととても怖いです笑

 

次の試合は中3日でミドルスブラ

厳しい日程になるがしっかり勝ち点を奪いにいきたいです。